×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


トップ ページ 
プロフィール 
鎌倉を撮る 
東戸塚を撮る 
横浜を撮る 
旅の写真 
機材の話 
写真関連の本 
リンク 

ミノルタ50mmマクロ

100mmマクロを使っていて、気になったのがワーキングディスタンスです。ワーキングディスタンスとは、レンズの先端から被写体までの距離ですが、これが長いか短いかでレンズの使い勝手が変わってきます。僕の場合には、お寺の境内を歩いていて、参道脇に咲いている花を撮ることが多いのですが、そうすると、すぐ目の前に被写体があることになります。100mmマクロでは、被写体が近すぎて、そこから数歩下がって撮るということが多かったのです。
また、僕は、どちらかというと、花の等倍撮影というより、花をアップで写して、背景も写しこむという構図が多いので、背景を入れやすいのは50mmの方だろうということもあって、購入しました。

 

50mm
1/10
F5.6

50mm
1/125
F5.6

 

 50mm
 1/15
 F5.6

 

 

 50mm
 1/60
 F5.6

 

 

 50mm
 1/15
 F4

 

 

50mmという画角は、「標準レンズ」と言われることからもわかるように、汎用性の広い画角です。上の藤袴の写真(1段目右と3段目)を比べてもらうとわかりやすのですが、寄ったり引いたりすることで、望遠的にも広角的にも写すことができます。50mmマクロ購入後は、7割方このレンズで撮影するようになってしまいました。
発色も非常に良いですし、お気に入りの一本です。

(2005年10月)

(追記)
現在はミノルタの写真事業はソニーが継承しており、ほぼ同じスペックのレンズが、「SONY 50mmF2.8マクロ」として販売されています。

Copyright(c) akira. All rights reserved.